平成28年度 総会関連事業を開催しました!

去る8月18日(木)・19日(金)に、岩手県宮古市の浄土ヶ浜パークホテルにおいて、日本の森・滝・渚全国協議会の平成28年度総会関連事業を開催しました。

総会では、東日本大震災により壊滅的な被害を受けた、岩手県陸前高田市の百選地「高田松原」の復興を支援するため、会員自らの手により現地に松苗を植栽する事業について、来年度の実施に向け調整等を図っていくことを確認しました。

また、宮古市民をはじめ、多くのご来場者のもと開催した「自然敬愛サミット2016」では、日本テレビ「世界一受けたい授業」でもおなじみの(株)ユニバーサルデザイン総合研究所所長の赤池学氏による「自然に学ぶものづくり・まちづくり」と題した講演をはじめ、東北地方の4会員からの事例発表、そして、後世の人々に今ある自然環境を伝えていくことを誓う「宮古宣言」の採択など、充実した時間を参加者全員で共有することが出来ました。

今回の総会関連事業は東日本大震災を経験した宮古市での開催ということで、災害を経た後に私たちがどのように自然と向き合っていくのかということについて、参加者それぞれが考え、今後のまちづくりに生かしていくための有意義な機会になったのではないかと思います。

なお、平成29年度の総会は、8月21日(月)・22日(火)に、岐阜県養老町で開催しますので、よろしくお願いします!

 

   サミット 会長(山口県光市 市川市長)あいさつ

 

        サミット 赤池学氏講演

 

         サミット 宮古宣言

 

  津波遺構「たろう観光ホテル」前での参加会員集合写真



カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

最新記事

アーカイブ

プロフィール

サイト内検索

mobile

qrcode