今年一年大変お世話になりました。良いお年をお迎えください♪

今年も残すところ僅かとなりました。

この1年の活動を振り返ってみると、真っ先に挙げられるのが、東日本大震災の津波によって壊滅的な被害を受けた岩手県陸前高田市の百選地・高田松原への松の植樹です。協議会では、5月27日(土)に現地で開催された「高田松原再生記念植樹会」に参加し、会員が育てたクロマツの苗木200本を美しい松原の再生と被災地の一日も早い復興を願いながら植樹させていただきました。その後半年余りが経過しましたが、松は順調に育っているとのご報告をいただいており、今後、復興のシンボルとして立派な松に育ってくれることを楽しみにしています。

 

また、8月21日(月)に岐阜県養老町で開催した「全国自然敬愛サミット2017」では、東京都市大学特別教授の涌井史郎先生を講師にお迎えし「景観十年風景百年風土千年」と題した講演をいただきました。先生のご講演から「故郷に誇りを持ち、そこにある歴史と自然を敬愛していくことの大切さ」を改めて学ぶことができました。また、参加された会員の皆様には、日本の滝百選「養老の滝」をはじめとする養老町の魅力あるスポットを視察いただきました。

来年のサミットは、8月27日(月)に鹿児島県屋久島町で開催しますので、多くの皆様のご来場をお待ちしております。

 

結びに、協議会会員をはじめ、関係者の皆様方には、今年一年本当にお世話になりました。

皆様方にとって、新しい一年が健やかな年となりますことを心からお祈り申し上げます。

 

 

◆高田松原で順調に育っているクロマツ◆

 

◆「全国自然敬愛サミット2017」涌井先生のご講演の様子◆

 



カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

最新記事

アーカイブ

プロフィール

サイト内検索

mobile

qrcode